・鎮座地

東京都大田区蒲田2-20-11

 

・御祭神

猿田彦命

 

・由緒

創祀は不詳ですが、百日咳の治癒に御神験あらたかなりとして、古くより土地の人の信仰のあつい神社です。猿田彦神は、道案内の神であり、道陸神と言われ、道祖神(塞の神、障の神)と習合して村の境を守る関の神となり、更に咳の神と信仰されるようになったものと思われます。風邪をひき、咳が出るとき、額堂に懸かっている麻を戴き首に巻きます。治ると麻を2倍にして額堂に納めて感謝します。この特殊信仰が、土地の人を中心として、深く静かに信仰の輪を広げています。当神社には大田区の文化財として、病除けの言い伝えが書かれています。昭和62年、多くの崇敬者から御芳志をお寄せいただいて御造営が行われ、12月3日、新しい神殿に御遷座申し上げました。

 椿神社の御朱印は、蒲田八幡神社にてお書きしております。詳しくはこちら(御朱印について)をご覧ください。

その他の兼務社