御朱印について

当社では「参拝の証」といたしまして、神社の御由緒をより深く理解して頂ける御朱印を授与しております。誠に勝手ながら令和261日より御朱印の受付対応を一部変更させていただきました。

 

御朱印の受付時間

10001500

 

恐れ入りますが、受付時間は上記の通りとさせて頂いておりますので、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

蒲田八幡神社の御朱印

蒲田八幡神社の御朱印を御朱印帳へお書き致します。・・・初穂料500

書置きの半紙にてのお渡しの場合・・・初穂料300

 

兼務社の御朱印

兼務社は5社ございます。受付にて授与を希望される神社をお伝えください。

兼務社の御朱印は書置きの半紙にての授与(初穂料300)のみとさせて頂いております。(兼務社の御朱印を御朱印帳へお書きすることはできません。何卒ご了承ください。)

兼務社には御朱印をお書きできる者はおりません。蒲田八幡神社にて書置きの半紙をお渡ししております。

 

・薭田神社(ひえだじんじゃ)

東京都大田区蒲田3-2-10

 

・椿神社(つばきじんじゃ)

東京都大田区蒲田2-20-11

 

・北野神社(きたのじんじゃ)

東京都大田区南蒲田1-6-5

 

・女塚神社(おなづかじんじゃ)

東京都大田区西蒲田6-22-1

 

・御園神社(みそのじんじゃ)

東京都大田区西蒲田7-40-8

 

兼務社の由緒等は兼務社の御案内にて紹介しております。

 

 

兼務社とは・・・日本には数多くの神社がありますが、神社を管理運営する宮司をはじめとする神職の人数はその数よりも少ないため、一人の宮司が複数の神社を兼任でご奉仕することが多くあります。このように兼任でご奉仕する神社の事を「兼務社」、対して宮司以下職員が常駐している神社を「本務社」と申します。

 

 

注意事項

・紛失防止の為、御朱印帳に挟んであるもの(当て紙・他社の書置き御朱印・しおり 等)及び御朱印帳カバーは、全て外した上お書きするページを開いて受付へお渡し下さい。

 

・お渡し予定時間は前後する可能性が御座います。

 

・初穂料は御朱印をお渡しする際にお納め頂きます。

 

・御朱印をお待ちの間に境内を出られる場合は、必ず15:00までに窓口へお戻り下さい。

 

・兼務社を含め6社分の御朱印をお受けになる方も多くいらっしゃいます為、お返しするまでにお時間を長く頂戴する場合が御座います。

 

 

 

皆様方のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。